日本の素人娘が無修正ライブチャットDXLIVE!過激動画も。。

皆さん、ライブチャットってご存知ですか?

ライブチャットは、リアルタイムに女の子の痴態を眺めながらチャットが出来ます。

だから、ライブチャットはこんな人にオススメします。

  • 女の子と話してみたいけどコミュ障で話が続かない
  • キャバクラに行く勇気がない、行っても話せない
  • AVは好きだけど一方通行、女の子の生の反応が見たい

DXLIVEとは?どんな特徴があるの?

数あるライブチャットの中でも、DXLIVEは非常に過激だと評判です。

ここではDXLIVEの特徴と過激ポイントを紹介します。


↓画像をクリックすると、各お部屋のページに行けます↓

カリビアンコムと同じ会社が運営している

DXLIVEは、アダルト動画配信サービスで有名な「カリビアンコム」と同じアメリカの会社DTI Serviceが運営しています。

この会社はいくつもアダルト系サービスを提供しており、クレジットカードでの支払いなどもセキュリティ面で安心感が有ります。

無修正で女の子が脱いでくれる

DXLIVEはアメリカ発のサービスです。

そのため、画面に映る女の子が無修正で脱いだり、エッチな姿を惜しげもなく披露したりしてくれます。

日本人の女の子がたくさん参加している

アメリカ発のサービスと書きましたが、チャットに参加する女の子の中には、たくさんの日本人の女の子がいます。

存分に日本語でコミュニケーションが出来ます。

もちろん外国人も多数参加しているので、英語が得意な人は英語でチャットもOKです。

また、翻訳機能もあるので問題はありません。


↓外国人の女の子の各お部屋のページに行けます↓

遠隔で女の子のおもちゃを操作できる

有料部分のサービスになりますが、女の子が持っているバイブ等のおもちゃを画面上から操作することが出来ます。

強弱をつけて女の子を苛めたり、物足りないと思えば新しいおもちゃを買って女の子にプレゼントしたりすることも可能です。

インタラクティブなチャット体験が出来るのは、DXLIVE最大の特徴といえます。

「リモちゃ」の詳細を見る

サイトは全部日本語

DXLIVEは日本語で使うことが出来ます。

利用開始前にWebサイトから会員登録を行いますが、これもすべて日本語で書かれています。

そのため、英語が苦手な人にとっても親切なサービスです。

DXLIVEの使い方

ここでは、DXLIVEを安全に使い始めるため、登録から利用開始まで説明します。

 まず無料会員登録から

DXLIVEの登録は無料です。

登録に必要なのはメールアドレスクレジットカードです。

銀行口座からの引き落としも出来ますが、すぐに利用開始した人は、クレジットカードが必須です。

メールアドレスとパスワードでログインする

多くのWebサービス同様に、DXLIVEは登録後メールアドレスとパスワードを使ってサービスにログインします。

実はこのログインの方法は非常に危険です。

メールアドレスとパスワードが漏洩すると、第三者に不正利用される恐れがあるためです。

秘密の質問と答えを設定する

でも、DXLIVEは秘密の質問という機能を備えています。

メールアドレスとパスワードが漏れても、この秘密の質問の答えを知らない人はログインできないようになっています。

自分だけにわかるような質問と答えを設定しておきましょう。

登録完了のメールが届くことを確認する

DXLIVEに正しく登録出来たら、登録時に入力したメールアドレスに「秘密の質問設定完了のご案内」という題名のメールが届きます。

これが届いたら問題なく登録が完了しています。

サービスを利用開始しましょう。

ログインする

DXLIVEを利用する場合は、サイトにログインするところから始めます。

メールアドレス、パスワード、秘密の質問と答えを準備しておきましょう。

チャットしたい女の子を選ぶ

ログインすると下図のように、PCの画面上に女の子の姿が映し出されます。


↓画像をクリックすると、本当のお部屋のページに行けます↓

プロフを確認する

可愛い子を見つけた!

すぐにチャットしたい、そう思うのが男心だと思います。

でも、ちょっと冷静になって女の子のプロフを確認しましょう。

気になる女の子の枠をクリックすると、その女の子のプロフが表示されます。

 プロフは無料で見られる

プロフはいくら見ても無料なので、好みの女の子がいればどんどん表示してみましょう。

待機中の女の子を眺めることが出来ます。

女の子もチャットに誘い込みたいので、ちょっとセクシーなポーズを取ってサービスしてくれます。

のぞき趣味の人であれば、これだけでも十分抜けますよ。

⇒ ライブチャットを覗いてみる

 女の子のプロフはここを見る

女の子は会話を重要視する生き物です。

誕生日や出身地、趣味や好きなプレイについて色々な情報を出してくれています。

まずは共通の趣味など見つけて話を始めてみましょう。

女の子の推薦文を読む

女の子のプロフページに、男性からの推薦文が掲載されています。

実際にその女の子と会話した男性の感想なので信用できます。

感想と女の子の自己紹介があまりにかけ離れているようであれば、スルーすることも可能です。

 チャットに参加する

そろそろ見ているだけではつまらないと思う方もいるでしょう。

女の子のプロフページに、「チャットに参加する」というボタンがあります。

これを押すと、女の子と会話ができる状態になります。

ここからは、もちろん有料ポイントがかかります。

 のぞきに参加する

女の子のプロフページに、もうひとつ「のぞきに参加する」ボタンが有ります。

これも有料ですが、文字通り会話をせずにただ女の子を覗くだけです。

このボタンを押したことは女の子にも伝わるので、

自己紹介に「露出が好き」「見られ好き」などのキーワードを書いている女の子が狙い目です。


DXLIVEは、スマホでも使える

DXLIVEPCだけじゃなく、スマホでも利用可能です。

PCとスマホで同じメールアドレスとパスワードが使えるので、改めて登録する必要は有りません。

また、スマホでもブラウザで利用可能なため、特別なアプリを登録する必要も有りません。

DXLIVEの料金システム

 DXLIVEは女の子のプロフを眺めている限りはまったく料金が発生しません。

待機状態の生映像を見ても無料です。(会員登録は必要)

⇒ ライブチャットを覗いてみる

チャットやのぞきの参加をすると料金が発生するので、ここでは料金について詳しく説明します。

 料金は前払い制

DXLIVEは有料部分のサービスを利用する場合、ポイントを購入して支払います。

ポイントはプリペイド方式なので、サービス利用前に購入します。

 使い過ぎがないプリペイド方式

プリペイド方式とは前払いという意味です。

使った分だけ後から払うポストペイド方式に比べると、自分で使う金額をコントロールできるので、使い過ぎの心配が有りません。

 支払い方法はクレジットカードがおススメ

クレジットカードの場合、即時決済されます。

しかし、銀行口座の場合、代金を振り込んでから1週間ほどかかる場合が有ります。

銀行によっては振込手数料がかかる場合があるので、支払い方法はクレジットカードの方がお得です。

 ドル建て支払いに注意

DXLIVEの料金はドル建てです。

そのため、円安の時にポイントを購入すると損します。

円高の時にまとめて購入しておいた方が良いでしょう。

  • 50ドル:25ポイント(初回のみ25ドル)
  • 100ドル:50ポイント
  • 200ドル:110ポイント(ボーナス+10)
  • 300ドル:170ポイント(ボーナス+20)

料金体系

DXLIVEの料金体系は、基本料金・オプション料金・その他のサービス料金の3種類で構成されています。

基本料金とそれ以外の料金を組み合わせて、ポイントから引かれます。

基本サービスは時間単価

DXLIVEでは、「チャットに参加する」と「のぞきに参加する」を基本サービスと呼んでいます。

両方とも1分につき1.2ポイント消費します。

100ドルで購入できるのは63ポイントなので、利用可能な時間は約60分です。

 DXLIVEのクーポンを使って無料登録する

オプション料金も時間単価

基本サービスの「チャットに参加する」は、女の子と男性が1対多でチャットするサービスです。

そのため、1対1でチャットしたい場合、男性側が基本料金に追加してオプション料金を支払うことになります。

「2ショットチャット」が1分1ポイントなので、二人きりで60分チャットしたい場合、約200ドルが必要になります。

2ショットチャットは、よほどの秘密な顔見せや、過激な調教でない限り必要ないと思います。

ポイントは24ヶ月経つとなくなる

ドル建てのため、円高の時にポイントをまとめて購入する方も多いでしょう。

でも、これだけは注意してください。

購入したポイントの有効期限は24か月です。

ログインしてプロフを眺めるだけなら無料で利用できるのですが、24か月まったくポイントを消費しなければ、残りのポイントはすべて消滅します。

お気に入りの女の子とチャットを続けたいと考えたら、ポイントが必要です。

しかも、チャットを続けても思い通りに脱いだりしてくれない女の子だっています。

でも、リアルな男女交際でもそんな駆け引きは有りますよね。

ライブチャットを覗いてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする